フローリングの溝に黒カビが発生!原因と除去する方法・対策を考えました

今日はちょっと怖い話になります。

我が家は私、子供2人が寝室で寝て、主人は自分の部屋で寝ているんですが、1週間前から主人が「寝ると喉が痛くなる」と言うようになりました。

風邪かな??

でも寝る時だけだよね?

じゃあ乾燥してんのかなー??

ん?でも夜に洗濯して旦那の部屋に干すからなぁ・・・乾燥してるとかある?

スポンサーリンク

よく分かんないけど乾燥かもしれないしって事でマスクを着けて寝てみると翌朝少しマシだったそう。

なんだろなー??

(ー’`ー;)うーん…

と私も原因を考えてみる。

もしや?(。゚ω゚) ハッ!

と思ったのは

主人は片付けが苦手で、部屋には雑誌やら脱ぎっぱなしの服やらが足の踏み場が無いって程じゃないけど、ちょい汚いくらいのレベルで散らかってます。

私としては片付けて掃除をしたいんだけど、あんま触って欲しくないらしい💧

なのでたまーにコソッと侵入しては簡単に掃除機かけたりはしてました。

でも原因が埃だったら部屋をしっかりキレイにしないと体調がどんどん悪くなっていきそう・・・

主人もそう思ったのか「掃除お願いしていい?」と言ってきました。

(。-∀-)ニヤリ

フローリングの溝にカビ!原因はコレ

それで昨日!ついに主人の部屋へ突入!

よーしやるぞ!って事でまずは部屋の真ん中に置いてるすのこベッドを畳みました。

↑こんな感じので木製ではなくプラスチック製のやつ。
そしたらすのこベッドの下に埃やゴミもありましたが、ビックリしたのはフローリングの溝に黒いカビが!!!!
キレイにすのこベッドがあった場所のみ。
しかもすのこを取った途端、さっきまで感じなかったカビ臭さが一気に・・・。
(||゚Д゚)ヒィィィ!
原因はこれですね💦
主人の話では朝起きて布団はあげてたけど、すのこベッドは畳んでなかったらしいです。
なのでずーーっと置きっぱなし。
部屋干しの洗濯物と主人が寝る事によって、すのこベッドの下は結構な加湿状態だったんじゃないかと。
朝布団を上げても、隙間があるとはいえすのこベッドの下は蒸れてたのかもしれません。
湿気対策&カビ対策のためにすのこベッド買ったのにね~💧
布団じゃなく、フローリングに湿気&カビが発生するとは💦

 フローリング溝の黒カビを除去する方法

フローリング溝の黒カビをキレイにする前に、床のゴミ取りたいなと思い掃除機を持ってきましたが、

スポンサーリンク

「待てよ・・・掃除機で埃やゴミを吸ったらカビをまき散らすことになるかも!」

と、心配になって調べたら・・・・

やはりカビの部分には掃除機をかけない方がいいそう。

なので拭き掃除で埃などを取り除きました。

あとは溝。

なんか早くキレイに出来る裏技とか無いのかな?

(*´∀`人)ルンルン♪

と調べてみたけど、どうやら無いらしい。

_l ̄l●lll

地道にいくしかないです💦

私はこんな感じで取りました↓

ウェットシートとつまようじ。

ウェットシートは一応「除菌」って書いてあるフローリング用のシートにしました。

シートは2重にしないと爪楊枝で穴が開くのでこんな感じに。

あとはひたすら溝に沿って滑らせていきます。

面白いほど簡単にキレイになるので楽しいんですが、布団1枚分の広さをやるのは疲れる💦

全部キレイにし終わったら消毒用のエタノールをスプレーして終わり!

これでカビ予防になります♪

フローリング溝に黒カビが発生しないよう対策を考える

これでひとまずキレイになり、エタノールをスプレーしてカビ予防もしましたが、また黒カビを発生させてしまわないように対策も必要だと思いました。

もうフローリングの溝掃除はしたくないです💦

「湿気」が籠らないようにしないといけないので、我が家の場合は朝起きて布団をしまったら、すのこベッドも畳んでしまう事を徹底!

カーテンと窓を全開にして喚起をする!

そして今回の事で主人から部屋の掃除の許可が出たので毎日掃除をしたいと思います♪

やはりカビが原因だった?喉の痛み

今日の朝、主人が

「ここ最近布団に入るとだんだん喉が痛くなって朝は最悪な状態だったのに、昨夜は大丈夫だったし朝起きても喉の痛みは全くなかったよ」

と。

って事は、やっぱり喉の痛みはカビが原因!!!

怖っ!((((;゜Д゜)))

ちょっと前にテレビでカビが体内に入って呼吸不全に・・・

みたいなのやってたので💦

あのまま気づかないで生活してたら危険な事になってたかもしれません。

これから梅雨に入りますので、皆様もカビには気を付けてくださいね!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。