鼻づまりで眠れない子どもにおすすめの解消法と注意点<体験談>

我が家の場合、子どもが風邪をひいた時に大変だと思うのが「鼻づまり」です。

熱が下がったあと必ず残るのは鼻水。

風邪をひいたけど熱が出なくて良かった~って思ってても、鼻水の症状だけはしっかりあったりします💦

大人でも鼻水&鼻づまりって鬱陶しいですよね(;´Д`)

一番困るのが眠る時。

日中動いてる時はそうでもないのに、夜横になると鼻が詰まって

「お母さん、苦しい!」とグズりだしたりします。

スポンサーリンク

自分が鼻つまりで眠れない時の対処法は「口呼吸」

(すっごい単純な方法ですがw)

子どもに「口ですーはーって息をしたら苦しくないよ」

って言うんですが、

「口でどうやって息をするの??💦」って聞かれました。

(;゚Д゚)

長女が3歳の時です。

日ごろ鼻でしか呼吸をしてないから、口でどうやって呼吸をしたらいいのか分からなかったようです。

「お母さんのを見て一緒にやってみて」と教えるとすっごく不自然な口呼吸でこっちまで苦しくなりそうな感じでした。

((((;゚Д゚)))))))

鼻づまりで眠れない子どもにおすすめの解消法

そこで、どうにか鼻づまりを取り除きたいと試したのは

頭を高くする

立つとすっと鼻が通ったりするので、枕で頭を高くしました。

頭部分だけ高くするとおへそを見つめるくらいキツイ体制になるので、大人の枕で頭を一番高くしつつ背中までなだらかに傾斜を付けるためバスタオルを畳んで挟みました。

リクライニングって感じですね。

この方法は次女には良かったのですが、寝相の悪い長女はころころ~とお隣の主人の布団に転がっていき鼻づまりで再び起きてしまう・・・

・゜・(ノД`)・゜・

という事になりました💦

なので、寝相の激しいお子さんには不向きだと思います。

両サイドに何かガードになるもの付けてもいいけど・・・可哀そうかな??

(´ε`;)ウーン…

スポンサーリンク

鼻の付け根を温める

お風呂に入ると鼻づまりって解消されたりしますよね、それと同じです。

蒸しタオルで鼻の付け根を温めてあげます。

☆蒸しタオルの作り方☆

タオルを水に濡らして、雑巾を絞る時みたいにギュっと水を絞っちゃいます。

あとはそのままレンジでチン。

我が家は500Wで1分くらい。

様子をみながらやってください。

結構熱くなってるかもしれないので、取り出す時は慎重に。

すーっと鼻が通るし温かいので気持ちいいです♪

我が家で一番効果があるのはヴイックス ヴェポラッブ

CMでお馴染みですね♪
イオンの一角にある小さな薬局でもありました!
見た瞬間、脳内にCMの映像がw
「コレだ!!」
と思い、即購入。
ヴェポラッブは体温で温められることによって成分が蒸気になります。
それが口や鼻から吸収されて鼻の通りがよくなる仕組み。
あとは血行を良くして体を温める作用もあるので、風邪の症状を緩和させる事ができます。
生後6カ月の赤ちゃんから使用できるのもいいところ♪
我が家は首から胸にかけて塗ってます。
ささっと塗って終わりなので簡単!しかもすごく効く!
ヴェポラッブを就寝前に塗ると、気持ちよく眠ってしまいます。
しかも途中で起きたりもしない!
・簡単
・すぐに効く
・よく寝てくれる
なのでこの一択です♪
よく眠れるという事は風邪もすぐによくなりますし、いつまでも口呼吸だとウィルスが何のフィルターも無しに入ってくるので鼻づまりも長引き再び熱が出たりします💦
早めに鼻の通りをよくして、鼻呼吸に戻すことが大切です。

しつこい鼻づまりには注意

風邪ではなく、鼻炎による鼻づまりという事もあります。

小さい子は中耳炎にもなりやすいので、家で出来る対処法や市販の物だけで治そうとせず、一通り試してみて改善されなかった場合はすぐに病院の先生に診てもらうというのが一番です。

にほんブログ村 子育てブログへ

<関連記事>
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。