帰省する時の荷物は少なくしたい!子連れでも出来るだけ疲れないために私がやってる事

さて、GW何しようー??

と言ってた時にはすでに頭の中は夏休みの事を考えてました!

というのも、実家が鳥取県で私の住まいは埼玉県。

帰省する方法を考えると2択。

飛行機か新幹線。

私の場合は一択。

飛行機です。

スポンサーリンク

子どもが大きかったら新幹線でのんびりと・・・・

もいいのですが、出来るだけ早く楽に帰りたい!と思うと子どもが出来てからは飛行機でしか帰省してません。

今年はGW半ばに飛行機の予約をしましたが、お盆を避けたのにもかかわらず残り10席でした💦

私、子ども(5歳と3歳)で帰省するのですが今年から3歳の下の子の座席も取らないといけないので、横並び3席必要。

どうにか席は確保できましたが、そこが無かったらバラバラの席になるところでした(^-^;

近頃鳥取って人気なのかなー?

3,4年前は余裕でチケット取れてたのにw

帰省する時の荷物は少なくしたい!私がやってる事。

という事で本題ですw

前置きが長くなりました(;’∀’)

小さい子を連れての帰省って大変ですよね💦

ご主人が仕事で一緒に帰省できないからママ一人でお子さんと帰省って事もよくあるんじゃないでしょうか。

うちもそうです(-_-;)

長女(5歳)は荷物を持ってくれるようになり、ちゃんと歩いてくれるようにもなったので楽にはなりましたが次女(3歳)は自分の荷物は途中で投げ出す、水筒も持たない、何も持ってないにもかかわらず

「疲れたー、もう歩けない!!!」

とキレるわ泣くわ騒ぐわ・・・・。

「もう帰省するの止めたーー!帰るよ!!!!」

と言いたくなるw

長女がまだ小さくて抱っこ紐で帰省してた時から一番に考えてるのは

「荷物をいかに少なくするか」

ひとまず荷物は出来るだけ段ボールに詰めて実家へ送ります。

我が家の場合は、着替え、シャンプー&トリートメントなどお風呂のもの、水着類は送る!

事前にお土産を買ってて荷物に入れる事の出来るものだと一緒に詰めちゃう。

あと実家で調達できるものは入れないようにしてます。

赤ちゃんの時なら、おむつや離乳食のパウチなど。

荷物は出発の2日前の午前中に発送。

埼玉ー鳥取なので私たちが実家に着く日、遅くても夕方までには荷物が到着します。

もし子どもが

「ばぁばの家へ行った時、このおもちゃで遊びたい!」

と言ったらそれも荷物の中へ入れたりも。

「荷物で送るからばぁばの家に行くまでこのおもちゃはバイバイだよ」

と念押ししてから。

ただ基本的には最低限の荷物以外は送らないようにしてます。

なぜなら・・・・実家へ行くとなぜか帰りの荷物が増えるからw

行きと同じ段ボールに詰めると、大体入りきらなくてもう1箱増えたりします💦

叔母や従妹が子どもたちにおもちゃを買ってくれたり、母は何かと持たせたがったり。

(ありがたいですけどね♪)

ちなみにいつも帰りは午後からの飛行機に乗るので、荷物は帰る日の午前中に発送してます。

そして2日後に自分の荷物を自分で受け取るという不思議な気持ちを味わうというw

スポンサーリンク

手荷物はというと・・・

・長女のリュックには、ハンカチ、ティッシュ、おやつなど軽食、ウェットティッシュ。

乗り物にのってる最中の暇潰しとして100均で売ってる貼って遊べるシールノート。

・私のリュックには、水筒、財布、スマホ、充電器、化粧品類(最小限で。)、ビニール袋(なにかと持ってると安心)

お土産を買ったら私のリュックへ。

子どもたちが赤ちゃんの時は、おしっこ&うんちの間隔を見て家を出てから実家に着くまで何回おむつ交換するか考えて、その枚数+1枚持っていってました。

ウェットティッシュは残り少なくなったものを持参。

(この日のためにとっておくw)

もしも汚れた時のために、替えのズボンを1着とビニール袋。

気持ち的に「ちょっとだけ遠い公園へ行く」くらいな感じで荷物を準備。

帰省時、できるだけ疲れないために

我が家の場合・・・になりますが、

子どもを連れて埼玉から羽田空港まで行くのも結構大変💦

電車も乗り換えなきゃいけないし、人混みって子どもも疲れちゃうんですよね。

主人の仕事の具合にもよりますが、一番ベストなのは車で送ってもらう事。

でもそれがダメだった場合、電車・・・・・

じゃなくて、まずは高速バスを検討。

ネットで予約が出来ますし、コンビニでも購入できます♪

高速バスが到着するのは出発階なので、子どもを連れてあっちこっち歩き回らなくてOK。

出発ゲートがどこか分からず迷ったり・・・とかも無いので安心です♪

注意点としては、道路が混んだ場合の事を考えて早めに羽田へ着くようにする事。

バスの到着時刻って道路の混み具合でかなり変わりますからね💦

そこだけ要注意です。

そんな感じで「帰省する時の荷物は少なくしたい!子連れでも出来るだけ疲れないために私がやってる事」を紹介しました。

一番疲れない方法は「かなり時間に余裕を持ったスケジュールにする」という事かもしれません。

前、次女を抱っこ紐、長女を抱え上げ空港をダッシュした事があります💦

あの時は焦りました💦

もう飛行機に乗れないかと・・・

かなりギリギリで、席に座ってすぐ着陸したような感じでした。

利用者が少ないからって鳥取行きの搭乗口遠すぎだよ・・・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。