スクイーズのぬいぐるみを子どもに与えるとひび割れ確実??買ってみて思った事。

まだまだ続いてる??スクイーズ人気。

って事で、我が家のチビたち(6歳、4歳)もキッズユーチューバーから影響を受けてスクイーズを欲しがるように。

100均でも小さなスクイーズのスイーツやらパンなどが売っているのですが、どうやらぬいぐるみ型の物が欲しいらしい・・・

そしてお値段もなかなかするらしい・・・。

「こんな小さな子にスクイーズってどうなの?」

と思いつつ昨年の秋に習い事のご褒美としてそれぞれにスクイーズのぬいぐるみを買ってあげました(;´Д`)

スポンサーリンク

小さな子にスクイーズのぬいぐるみを与えてみて。

スクイーズといえば原宿だろうって事で電車に乗り買いに行きました💦

日本スクイーズセンターは予約制で入れませんでしたが、竹下通りを歩くだけでもそこらで売っているスクイーズのぬいぐるみ。

娘たちはこちらを購入しました↓

上の子はこれまた某キッズユーチューバーの影響でユニコーン好きなので右のやつを。

下の子はボールのようにまるっこいパンダを。

2つを購入し持ち帰ったら部屋の中がもの凄く甘ったるい香りになりました💦

それぞれ香りは違うのだけど、いちごミルクみたいな香りだったような・・・(今は香りが薄れて分からなくなりました)

とにかく購入してしばらくは部屋中がスクイーズの香りになります💦

でも女の子は好きな香りなんじゃないかな??

うちの子は喜んでいたので。

スクイーズのぬいぐるみを買ったものの・・・・・

買ってこれは何をするものなのだろうか(笑)

我が家の子どもたちはギュっと握って元に戻る様子を楽しんだり・・・

一緒に寝たり(購入して間もない頃のみ)

おままごとの相手にしたり。

そんな感じです(;´Д`)

あとはただただ飾っておく。

まぁインテリアですよね(‘ω’)・・・

スクイーズの購入から4か月後

もうすっかり遊ぶ事はなくなり完全にインテリアと化しています。

まぁその方が劣化が進まなくていいかもしれません(笑)

だって・・・・

スクイーズのひび割れ

にぎにぎするからこうなってます。

結構買ってすぐにこうなりました(;´∀`)

小さな子なので力加減が出来てないのです。

力いっぱい握るし、普通の綿入りぬいぐるみのように扱うので、

スポンサーリンク

首もヤバいことになっています💦

4か月経ち飽きてくれたおかげでこの子の首はまだ繋がっています(笑)

このひび割れ・・・・

前にクレーンゲームでディズニーキャラの小さなスクイーズぬいぐるみを取った時に試し済みなのですがボンドなどで接着するとくっついて直せるものの握った感触は損なわれます💦

見た目をキレイにしたいという場合にはアリなのですが、感触を楽しみたい場合は有効じゃないのかな?と。

このまま何も処置をせず感触を楽しんだ場合、どんどんひび割れ箇所は増えると思われるので握る場合はもうどうしようもないのかも(;’∀’)

スクイーズの変色

あともう1つ見た目の問題は変色。

どちらも白いので変色は目立ちやすいのですが、特にパンダの変色具合が分かりやすいです↓

前と後ろの色の違いΣ(・ω・ノ)ノ!

特にケースで保管したりせずそのまま飾っていました。

かといって窓辺に置いていたワケでもありませんがこんなに色の差が。

何故なのか。

調べてみたところスクイーズの変色について投稿しているブログが沢山あるのでこれはどうしようもない事なのかな?と思います(^_^;)

解決策も特になく・・・。

スクイーズを子どもに与えてみて・・・幼児におススメのスクイーズとは

そんな感じで子どもにスクイーズを与えてみて思ったのは

「幼児には早い」

我が家の場合はです💦

私が思う楽しみ方をまだ子どもたちは出来ないんじゃないかな?と感じました。

私が思う私自信がスクイーズを買った場合の楽しみ方とは

・飾って愛でる

・ちょこっと触って癒される

なのですが・・・・

まぁそりゃ幼児には無理ですよね💦

高学年くらいの女の子であれば可能なのかな??

うちの子くらいの幼児に買ってあげるのであれば我が家のパンダのような球体のスクイーズぬいぐるみであればひび割れはしにくいんじゃないかな?と思います。

現に4歳の子に与えたのにひび割れはしていません!

逆に6歳の子のユニコーンの方が角や首、虹色のたてがみ部分はひび割れて悲惨な状態です。

それでも小さい子が扱うのでキレイな状態を保つことは難しいと覚悟をしたうえで購入が良いですね(^^)

にほんブログ村 子育てブログへ

<関連記事>
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。